たじゃきの雑記
FC2ブログ
topimage

たじゃきの雑記

2018 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

三瓶山歩く

久しぶりの山歩きはお気に入りの三瓶山へ

三瓶はひろいよ
三瓶山はあちこちに登山口がありルートも色々変えて登れるので飽きない。

男三瓶を上がった後は室ノ内を歩いてみた。

倒木
立ちふさがる無数のキノコ発見!

傘かぶる
これまた可愛げなキノコ発見。
収穫すれば特製キノコフルコースが味わえるだろう。もちろん命の保証はない。

リフト
今回は初めてリフトを利用してみた。往復670円。
スポンサーサイト
山を歩く コメント:3 トラックバック:0

緋の季節

彼岸花を撮りたくなって出かけた。

赤の季節
鮮烈な赤を楽しむ。

二羽の蝶
花から花へと、

蝶と曼珠沙華
沢山の蝶がひらひら舞う様は、

蝶を撮る人
まるで祭りです。
ぶらりと・・ コメント:0 トラックバック:0

さよならルル

食べるのが好きな猫だった。
人が食事してるところをじいっと見つめる猫だった。
おふくろが活けた花を観賞しては少しずつ齧る猫だった。
毎日のように外へ出たがるナナとは反対に家の中でのんびりするタイプだった。
ナナとはしょっちゅう威嚇し合っていたが、冬の寒い日は仲良くくっついて寝ているのだった。
おちょくると段ボールで念入りに爪を研ぐのであった。
爪を切ろうとすると必死に抵抗したのだった。
かまってほしいと足元に寄ってくるが足で撫でると噛みついてくるのだった。
頭や背中を撫でると恍惚の表情を浮かべるのだった。

おふくろが北浦の古屋で拾って10年。家猫にしては少し早かったのかもしれない。

庭
白の彼岸花が咲いた日にルルは死んだ。
あんなに好きだった雑魚も食べず、ただじっと静かにしてゆっくりその日を迎えた。

ルル
やすらかに
ちょっと・・ コメント:0 トラックバック:0

水槽

私はだーれ。

私は誰
こうして見るとつぶらでかわいい目をしてるんだね。

正解は、

ジンベイザメ
ジンベイザメでした。

水槽
毎日沢山の視線を浴びながら優雅に泳いでおります。
ぶらりと・・ コメント:0 トラックバック:0

木見岩椿神社のクスノキ

昨日は恒例の倉敷での橋本ケーナ教室だった。
せっかく倉敷までいくのだからどこかに寄り道をというわけで、

堰堤
木見の森池の堰堤に来たのだった。
地蔵様の向こうに見えるこんもりした樹冠がターゲット。

岩椿神社のクス
思ったより大きかった。

幹
水路で子供が魚を獲っていった。学校は夏休みなのだった。
巨木に逢う コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tallaqui

Author:tallaqui
松江に住んでます
趣味の音楽、山歩きなど・・ごちゃごちゃ書き込みたいとおもいます