たじゃきの雑記
topimage

たじゃきの雑記

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

大元神社跡のクスノキ

きっと昨年からしがみついてる抜け殻。

空蝉
初めは芽吹いたばかりの繊細な命も

湧き立つ
長い年月のなかで雲のように湧き立つ

幹
巨木はその姿から語りかける・・・自身の生き様と

神木
この自然の中で生きていく強い意思を。
スポンサーサイト
巨木に逢う コメント:0 トラックバック:0

三渡八幡宮の社叢

階段を登り終え鳥居をくぐる。

鳥居
広い境内を見下ろす
三渡八幡宮
この社叢一の大きさのイチイガシ。
イチイガシ
八幡宮の裏の方へいくと・・
戸隠神社
なぜかこっちにも別の神社。
日当たりの良い八幡宮にくらべると地面に苔がビッシリ生えていて対照的だ。

巨木に逢う コメント:0 トラックバック:0

掘庭園

ここで予想以上にゆったりすごしてしもうた。

庭とテーブル
掘庭園はイベントのお茶会で賑わっていた。

掘庭園
それにしてもなんと立派なお屋敷。

炊事場では
炊事場
ちょうど柏餅を蒸してるところだった。
こういう所が資料みたいに残されてる所はよく見るが、実際マキがくべられて炊事してる様は初めて見る気がする。

柏餅
1個100円食べない手はない。
旅日記 コメント:0 トラックバック:0

津和野ぶらり

太鼓谷稲成神社を参拝後。
津和野川の横に水路見つける。

水路
何処まで続くのか見てみよう。

水門を抜け
水路2
水路は堤防の道の反対側に。

水路3
橋を潜ったり

水路4
時には暗渠を通ったり

水路5
神社の裏側を通って

みかちぁん
駄菓子屋の前も通る。
ん?みかちぁん、みかちゃん・・どっち?

水路6
スクランブル交差点の下も流れていた。

鯉
そしてコイにたどり着いた。
旅日記 コメント:0 トラックバック:0

弥栄神社の大欅

パックリと

欅は口を開け
株元から大胆に開けた口。

弥栄神社の大欅
そんなに大きくないけど樹齢は約600年。
巨木に逢う コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tallaqui

Author:tallaqui
松江に住んでます
趣味の音楽、山歩きなど・・ごちゃごちゃ書き込みたいとおもいます