たじゃきの雑記 2013年06月
FC2ブログ
topimage

たじゃきの雑記

2013 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

大遷宮

今年の梅雨入りは早かった。

もう6月はでかけられんなと思いきや、本日は快晴。

これは出かけるしかないでしょ。
土手で遊ぶ
斐伊川の土手で手作りの段ボールのそりで遊ぶ子供たち。

行き先は出雲大社。平成の大遷宮で新しくなった社を見に。
去年の春、この自転車道で大社を目指した時はものすごい向かい風で、まるで急坂を永遠と登ってるような感じだったが、今日は緩い追い風。

気持ちよくペダルを漕いでたらいつの間にか終点へ。
稲佐の浜
海のブルーがとてもきれいな伊佐の浜だった。

いつもは大社の駐車場に停めて境内に入るのだが、これだと参拝路を大きくショートカットしてしまうので自転車は離れた駐輪所に停めて正面の鳥居から参拝するのだった。ご利益ありそ〜。
鳥居くぐる

参拝路

長い参拝路を歩いて行くと・・・

本殿
現れた本殿。長い間かけられていた工事の屋根がなくなってすがすがしい。

檜皮の屋根
真新しい檜皮葺きの屋根。軒先の厚さは1メートルもあるらしい。

社
うーん神々しい。

遷宮を行うことで神の力がリフレッシュされるとか、願い事のある方は今のうちに。
スポンサーサイト
ぶらりと・・ コメント:2 トラックバック:0

昼に飲むビールは旨い

日曜は久しぶりにカラコロ広場で演奏した。
毎年春先に1度何らかのイベントで工房や広場でやったりするのだが、ホームでの演奏がこんなに間が空くのも珍しい。
オッキーのかばん
マッキーが不在だったけど、今勢いに乗ってる鳥取組の二人も参加し、にぎやかに演奏できた。

沖さんもフォルクローレの伝道師トトマル氏の指導の賜物か(ほとんど酒を飲んでる時間だったと言っていたが)見事!ケーナのソロを決めてくれて楽しいステージだった。

演奏後は広場から歩いて1分のお店。
缶つま
缶詰バーの「ビストランデ東京橋」で打ち上げ。

手作りのいなり寿司がいっぱいあって、いなり寿司好きの私はハイボールを飲みのみ5つも平らげてしまった。

そのまま店の中グダグダ演奏会になり、電車の時間がきて帰った鳥取組を見送ったあとは・・
クジラと野菜炒め
そのまま2次会・・

夕方から増えた従業員・・
従業員I
接客は苦手のよう?

トウキョウバシ
朝から飲んでばかりいたような・・
C・アンデス活動記録 コメント:2 トラックバック:0

空と雲と尾根

梅雨に入ったが全く雨の降る気配もなく、気温の高い日が続く。

先日は大山に登った。
石畳
今まで夏山登山道から山頂を目指すコースは何回も歩いたのでこの日はいつもとちがう道を。
宝珠越えでユートピア避難小屋まで行きそこから大休峠に下りて川床まで・・・と書いても知ってる人はあまりいないかもね。

大神山神社で安全祈願をした後、神社の裏の谷から尾根を目指す。

尾根まで上がると視界が開ける。
あの小屋へ
見えるのは三鈷峰。その右にポツリと見えるのがユートピア避難小屋。

ユートピア小屋のある尾根に出たところで一休み
道標
天気予報では曇だったのだが、青空も見えるしいい景色だ。

尾根
ガスをまとう稜線。

親指ピーク
大休峠までの道のりが見わたせられる。
右の前方にある出っ張った部分は親指ピークと呼ばれてて今回のコースで1番怖いところである。

大休峠
無事に大休峠に。
ここから川床までずーとなだらかな道が続く。

木漏れ日
今シーズン初の登山。疲れた。
しばらく天気の良い休日は足腰を鍛えに出ようかと思ふ。
山を歩く コメント:2 トラックバック:0

登ったのだ

今週もまた登ってきたのだ。
三角点
三瓶山の山頂なのだ。

この山を登るのにこんなに大きいバックパックは必要ないのだ。
しかしトレーニングで登ってるので必要なのだ。

今日の山頂は風があったのだ。
雲が流れて
ちょうど雲が流れたのだ。
この前ケッタで行った伊佐の浜が見えるのだ。

ささゆり
ゆりが咲いていたのだ。

山のあじさい
あじさいの季節なのだ。

女三瓶山頂に、ちょっと気味悪いけどこれのおかげでテレビが映るのだ。
電波塔
これでいいのだ。
山を歩く コメント:0 トラックバック:0

移転しまーす。

何気にモノクロで撮ってみた。

地下金庫にて
のんびり日曜日は、おなじみカラコロ地下金庫でのMサロン。

この日に知ったことなのだが(ブログでは告知があったらしい)なんと!カラコロ工房でのMサロンはこれで最後になるらしい・・
次回からはC・アンデスの歌姫マッキーの営む「JiJi」で行うとのこと。

なので地下金庫でのMサロンは見納めです。
お片づけ
演奏後は出演者みんなでお片づけ。

今までもどっちかというと地元アマチュアミュージシャンの交流会的要素が強かったMサロンだけど、場所が京店の飲み屋となると、内輪的な雰囲気が濃くなりそうだね。昼間からビール飲んでたりして・・

でもMサロンは誰にでも開かれた場なので、初めてでも興味のある人は気軽に訪れてくださいね。
特に人前で演奏してみたい・・と密かに思ってる人はアットホームな雰囲気なのでおすすめです。

機材を車に積みしばし雑談。
駐車場にて
次回のMサロンは8月25日。
記念すべきジジでの第一回は仕事の日で出れないので残念。
ライブレポ コメント:2 トラックバック:0

緑のカーテン

この花は何でしょう?
うにの盛りつけみたい

2年連続でニガウリが陣取った玄関前のネットは・・
ひょうたんのはな
ひょうたんが取り付いていたのだった。

おおきくなれよ
これがどれだけ大きくなるのだろう?
農場「猫の額」 コメント:0 トラックバック:0

働けど・・

じっと手を見る
てのひら
赤い糸で結ばれたのは・・・

こいつら
けーならべる
正月休みにざっと作ったケーナを仕上げたのであった。

今回同時に作り始めたのは9本だったが、極太の3本はあまりに気にいらない出来になりそうなので諦めた。
なので完成品は6本。

吹いた感じはまずまず。3オクターブが上がりすぎるのと、そのレとシが出にくいのが難点。
設計を変えたのが裏目に出たのかな?

それ以外は割合吹きやすい感じなので初心者向きの練習ケーナとしてはいいかもしれない。

サブとして持つことにしたものと現在のメインのケーナを並べる
∞
肉厚のがメインで吹いてるもの
これは3年前の5月に作った物だ。

細管の割に肉が厚いので、「こんなの鳴るんかな?」と思いながら、とりあえず大雑把に歌口と指穴作って吹いてみると、今までの自分のケーナではなかった吹き心地にびっくり。

これはメインで使える!と慌てて仕上げて三木山フェスに持って行ったのだった。

それから指穴の間にヒビが入って割れ止めを巻いたり、音程が下がって削り直したりして今まで使ってる。

ケーナ持つ
あとどれだけこれの世話になるのか・・
作りたい症候群 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

tallaqui

Author:tallaqui
松江に住んでます
趣味の音楽、山歩きなど・・ごちゃごちゃ書き込みたいとおもいます