たじゃきの雑記 2014年02月
FC2ブログ
topimage

たじゃきの雑記

2014 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

演奏 温泉 練習

久しぶりの更新になってしまった。
窓の水滴

窓の外は雪つもる山と川
湯原温泉
岡山の湯原温泉に来たのであった。

お世話になっている将棋のY先生からのオファーで、女流名人位戦の前夜祭での余興をC・アンデスで賑やかさせてもらった。
宿泊もさせてもらえたので、ゆっくり温泉につかり、ごちそうを食らい、酒を堪能し、あまりできない将棋を指したり、のんびりすごした。

Y先生は音楽が好きで、うちらを気に入ってくれてるらしく、酒を飲みながら僕らの活動について思いの丈を話してくれた。
音楽と将棋は違う部分もあると思うけど、プロの勝負師の話は、なんというか・・人生も勝負というか・・心に残る話だった。ありがたいことである。

それにしても久々にまったりすごした。
まったり
なにもしない時間がたまにはあるのもいい。

前夜祭の翌日はマッキーは将棋の会に残り、ジョニーは大阪へチャランゴのお勉強。
僕とアブドーラは鳥取へトリアンデスとの合同練習。
白の世界
倉吉までの道中は一面の銀世界でテンションが上がる。

トリアンデスとは昼から夜まで練習。
今年の三倉岳と三木山のフェスタは、連合軍「トリカラ・アンデス」で出演する予定だ。

三倉はアブドーラが仕事の都合で出れないので、僕が代わりにギターを弾くのでけっこう新鮮。
カラコロのメンバーでビエントス以外の楽器を担当するので、トットリ組が気持ちよくケーナを吹けるような伴奏を目指したい。

それにしても先週と今週の温度差はきつい
しっぽ
2泊の旅を終え、家に帰ってきたのであった。
スポンサーサイト
C・アンデス活動記録 コメント:2 トラックバック:0

2年間の成果

県民会館主催のジャズセッションラボでジャズを学び始めてまる2年。

昨日は中ホールで発表会があった。
中ホール
ステージの後ろにはスクリーンがあり、リアルタイムに演奏者のアップが映るという演出。
恥ずかしいけど、演奏者は常に見られてるわけですから立ち居振る舞いも演奏の一部といふわけで・・

くるくるきらきら
本格的な音響、照明にテンションもあがる。

ステージ裏や楽屋では出演者の交流もあり、それがまた楽しい。
楽屋

リハでフルートをふくたじゃきの図(Kさん撮影)
たじゃき
リハ、本番ともまずまずの出来。
そこそこ練習の成果は出せたと思うけど・・
でも数人からお褒めの言葉も頂き、しばらくこの喜びエネルギーで音楽がやれそうだ。

ジャズはアドリブが多くてよくわからんという人は多いと思う。
実際、僕も初めて聞いたときそうだった。アドリブの旋律だけ追っててもその人の思いつきフレーズなわけで、取っ付きにくいのだ。

でもこの音楽を聞いてるうちに音楽の聞き方が変わった。
少しずつ、曲を流れや尺で感じるようになったのだ。
すると、それまでなんとなしに流していた曲の区切りが明確になり、シンプルな繰り返しということに気づく。

アドリブはその流れの伴奏に乗っかったソリストの一期一会の表現。
「何やるかわからないから取っ付きにくい」から、「何をやるのだろう」と気持ちが切り替わった瞬間、急に面白くなるのだ。

舞台には凄腕のベテランもいれば、始めたばかりという人もいる。
そんなメンバーが曲の中で主役を次々と交代し、それぞれの個性を出す。
テクニカル的に上手い下手はあると思うけど、それだけで魅力的な演奏になるとは限らない。

また主役以外のメンバーはすべて伴奏にまわるのだけど、
いかに主役が輝けるかともり立て役に回ったり・・・

と、なかなかジャズの面白味はうまく書けないけど。

だれでも始めれるように、こういう場を用意してくれた県民会館の方、サポートミュージシャンの方たちに感謝です。

さて、来年度はもっといろんな曲でいろんな人と音を合わせられるようになりたい。
ライブレポ コメント:0 トラックバック:0

梅咲き始め

ポッと咲く
梅、玉ぼけ

今日は天気がよかったので、海岸線を西に走り・・
海岸線と風車
三隅公園の梅林にきたのであった。
梅の丘をのぼる
梅林は咲き始めで花はまだ少ない
花、蕾み
梅咲き始め
気持ちいい陽気だった。
春の訪れももうすぐか・・
ぶらりと・・ コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

tallaqui

Author:tallaqui
松江に住んでます
趣味の音楽、山歩きなど・・ごちゃごちゃ書き込みたいとおもいます